ご訪問ありがとうございます。 心から感謝です。
放送終了後、出演者情報などを更新しています。
その他、
宇宙人主婦日記
東出昌大くんをまとめてみました。
東出昌大ファンnet
にて、記事を書いています。

2014年03月31日

第1回NHK朝ドラ「花子とアン」あらすじと感想

登場人物
村岡花子・・・・吉高由里子
安東はな・・・山田望叶
安東吉平・・・伊原剛志
安東ふじ・・・室井滋
本多先生・・・マキタスポーツ
安東吉太郎・・山崎竜太郎
木場朝市・・・里村 洋
徳丸武・・・・高澤父母道
村岡美里・・・三木理沙子
安東周造・・・石橋蓮司


1945年(昭和20年)東京大森

机の前に座り、
大きな英語の辞書を広げ、
熱心に万年筆を走らせる女性。

村岡花子、この物語の主人公です。

彼女はまさに今、
のちに世に出る
L・M・モンゴメリ代表作
赤毛のアンを翻訳しているのです。

折しも時代は
第二次世界大戦末期。

翻訳している花子の耳に
空襲警報のサイレンが聞こえ、
瞬く間に炎に包まれます。

「お母さま!」

娘が探しに来て
赤毛のアンの原書を抱き、
花子は逃げます。

でもただ逃げるんじゃない。

子供たちに言うのです。

米軍のB29の焼夷弾、
花火みたいね☆
想像してみて!
これからみんなで花火の中を
走り抜けるの。
さあ、行きましょう!急いで!

空襲のさ中に相当
肝っ玉の座った女性です。


赤毛のアンをはじめて日本語に
翻訳した村岡花子。

花子とアンが出会い、
日本中の人に
夢と勇気を送り届けるまでの
物語がさあ!はじまります。


続く
posted by 宇宙人 at 10:44| Comment(0) | 第1週花子と呼んでくりょう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

新NHK朝ドラ『花子とアン』吉高由里子が爆発寸前!?

NHK連続テレビ小説の

ヒロイン・バトンタッチセレモニーが

18日、横浜市の緑山スタジオで行われ、

今月29日に最終回を迎える

『ごちそうさん』の杏と、

31日に放送開始する

『花子とアン』の吉高由里子が出席した。

各メディアの報道によると、

2人は昨年公開の映画

『真夏の方程式』で共演しているだけに、

互いに「由里ちゃん」

「杏ちゃん」と親しげに呼び合いながら、

花束と同セレモニー恒例のプレゼントを交換。

杏は「半年前、

『あまちゃん』の能年玲奈さんからバトンを受けった時は、

終わるという感覚が理解できなかったけど、

本当に終わるんだなぁ」。

吉高は「いいスタートが切れそうです。

同じ時代の話でも、うちは貧乏なので

『ごちそうさん』の消えものを

回してほしいくらいです」

と笑わせたというが、

吉高の内心は穏やかではないようだ。

「通常なら、撮影は

東京・渋谷にあるNHKのスタジオで行われるはずだった。

ところが、NHKのスタジオは現在、

改修工事が行われており、

『花子とアン』は緑山スタジオを中心に行われることになった。

渋谷ならば撮影後にすぐに家に帰れて、

多少は遊ぶ時間もあっただろうが、

緑山から都内までは距離があり、

おまけに、山梨でもロケがあるので、

遊ぶ時間はまったくない。

そのため、吉高は緑山での撮影中、

『こんな(遠い)とこヤダ!』と

周囲に愚痴をこぼすこともよくあるようだ」
(NHK関係者)

「吉高は昨年、ロックバンド・RADWIMPSの

ギター&ボーカル、

野田洋次郎との交際が報じられ、

昨年秋には路上での大ゲンカが

目撃されたこともあったが、

交際は続いている。

ところが、撮影で野田に会えず、

2月上旬には吉高がTwitterで

『うぅ。そろそろタイ料理食べたい』とつぶやいたが、

野田とはタイ料理店でデートすることが多く、

かなり野田が恋しくなったようだ。

撮影のスケジュールがタイトなのは仕方ないが、

どこかで“ガス抜き”しないと、

吉高が壊れそう」(女性誌記者)

撮影現場のスタッフも、

吉高の“異変”に気づいていればいいのだが……。


MSNトピックスより抜粋

ごちそうさんも残すところあと1週間。

絶好調作品が続き、プレッシャーが

半端ではないでしょう。

野田洋次郎って確か帰国子女で

英語ペラペラの

慶応卒のイケメン君だったような・・・



↑実はこのCDと、



↑DVDまで持ってます。

随分前に購入。

多分これから売れるだろうと思っていたら、

やっぱり若い子に大人気の

グループになっていました。

早く改修工事が終わり、

時々会って気分転換

出来たらいいですね。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ


朝ドラ ブログランキングへ




posted by 宇宙人 at 01:50| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする