ご訪問ありがとうございます。 心から感謝です。
放送終了後、出演者情報などを更新しています。
その他、
宇宙人主婦日記
東出昌大くんをまとめてみました。
東出昌大ファンnet
にて、記事を書いています。

2014年05月03日

第30回花子とアンあらすじと感想

はな・・・・吉高由里子
校長先生・・・・トーディ・クラーク
葉山蓮子・・・・仲間由紀惠
醍醐亜矢子・・・高梨臨
畠山鶴子・・・・大西礼芳
富山タキ・・・ともさかりえ
茂木のり子・・・浅田美代子
葉山伯爵・・・・飯田基祐


さあ、大文学会当日です。
ついに幕が開きました。

ロミオとジュリエット、
家同士の確執のため
互いに愛し合いながら
引き裂かれる物語です。

熱演する蓮子を
鬼みたいな顔で見る葉山伯爵。

父親が決めた侯爵との結婚を
迫られているジュリエット。

「私は父の操りつり人形では
ありません」


伯爵へのメッセージのごとく
伯爵をにらみつけながら
セリフを言う蓮子。

順調に舞台は続く。

小間使い役のはなだけが、
舞台でひっくり返って
観客から笑われるのだが
台無しにするほどではなく
なんとか持ちこたえ・・・
物語はラストへ!

ロミオの後を追い
自殺するジュリエット。

涙を浮かべながら
最初に拍手したのは富山先生。


富山先生がかつて
ジュリエットを演じた時、
先生を見染めた人がいて
まだ忘れられない・・・もよう。

というか、その後新しい

男性が現れないので
固執している・・

だけのような気がします。

その男性が見に来ていたようで、
再会・・・・

醍醐は宝塚男役さながら
ロミオ役で一躍人気者に!

一方、伯爵夫妻は
さっさと帰ると思いきや、
中庭で不機嫌そうに
一休みしておる。

蓮子が来るのを待っている様子。

「わざわざ来てやったのだ!
礼の一言くらい言え!」てな感じ?

はなは伯爵に復讐を思いつく。

背中に貼り紙・・を
貼るのだ!

伯爵が立ちあがった時
ぶつかって行き、
背中に貼り紙する・・・

小学生並み・・デツネ(@_@;)

「吾輩は伯爵様なるぞ!
エッヘン!」


国語の先生
綾小路先生が貼り紙に
気付き、

「誰です!こんなことをしたのは!」

怒りながら外すと、
今度はまたその下から

「家の名は大事だぞエッヘン」

という貼り紙が・・

「もう!誰ですか!」

綾小路先生の怒りを背に、
はなと蓮子は2人で
手を取り合って学校の外に
飛び出し、路面電車に飛び乗る・・

「ねえ、蓮子さん、
私の腹心の友になってくれて?」
Byはな

「ええ!」
BY蓮子

2人にとってこの日は
生涯忘れられない日に
なったのは結構なことだが・・・

この二人、
電車賃は持っていたのか?


舞台衣装のまま
飛び出しているから
財布は持っていないはず・・・

無賃乗車は犯罪だ!

さて来週はどうなるか?

富山先生にも春が来る?

行き遅れ白鳥の怒り爆発?

蓮子様、クサソーな
おっさんと政略結婚
させられる?

そしてはなの前に、
男性が現れ・・・

まさかこの男が
将来のご亭主?

悠太郎の足元にも及ばぬ
魅力の薄い男なんだが・・・

見ているうちに
目が慣れてくるのか?

仕方がないから
来週もみることにしませう。

それではみなさま
ごきげんよう。

素敵なゴールデンウイークを!



にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ



posted by 宇宙人 at 08:44| Comment(0) | 第5週波乱の大文学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

第29回花子とアン あらすじと感想

はな・・・・吉高由里子
校長先生・・・・トーディ・クラーク
葉山蓮子・・・・仲間由紀惠
醍醐亜矢子・・・高梨臨
畠山鶴子・・・・大西礼芳
富山タキ・・・ともさかりえ
茂木のり子・・・浅田美代子


本番前日です。

はなも急きょ
病気の人の代役で
小間使いの役もすることになり、
いよいよ緊張が高まるのだ・・

蓮子もまじめにお稽古。
セリフ変更をはなに申し出たり
親しげに話していると
醍醐はやきもち・・

そんな頃、
はなが廊下で
見てしまったのだ。。
富山先生が劇の練習を覗き、
ジュリエットのセリフを
そらんじていた・・

富山先生は昔、
ジュリエットの役を
演じたことがあり、
元気で明るいお嬢さんだった・・

茂木先生に衣装の
つくろい物をしながら
聞くのだが
それ以上は話してくれない。

さて蓮子の書き送った便りは
葉山伯爵に届き、
当日見にいらした・・

ご夫婦そろって。

蓮子は緊張マックス状態。
中庭で一人緊張状態の
蓮子に話しかけるはな。

「例の復讐の件、協力します。
復讐したい人は今日、
いらっしゃるのですか?」

なざ自分の復讐に
付き合ってくれるのか
不思議がる蓮子。

「友達だから」

はなは言います。

さてついに
幕が上がり、劇がはじまる・・


葉山伯爵はプログラムを見て
はじめて蓮子が主役だと知り、
恥さらしだと憤慨!

そのころ、出番直前の蓮子。

「14歳で無理やり結婚させられて
16歳で子供を産み、
離縁して戻ってきた・・
今の私空っぽ。
はなさんとは違うのだ、
友達なんてなれない」

蓮子はそれだけ言い残し、
舞台に出て行ったのだが・・

熱演してますよ・・
蓮子ジュリエット。



にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ



posted by 宇宙人 at 23:33| Comment(0) | 第5週波乱の大文学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする